MENU

ゼニカルの飲み方の注意点

 

ゼニカルは飲み方を間違えると効果は半減してしまいます。
それどころか副作用に繋がる可能性も…。

 

ゼニカルの正しい飲み方を知って、
安全に、効果を最大限に発揮させましょう!

 

 

ゼニカルの正しい飲み方

 

飲む量と回数

 

ゼニカルは朝、昼、晩の1日3回、
食事の時間に合わせて1錠を水やぬるま湯で服用します。

 

「脂っこいものを食べ過ぎたから…」
という日でも、
1錠以上は飲まないように注意しましょう!

 

ゼニカルは副作用として
下痢などのトラブルが起きやすい薬です。

 

過剰に摂取するとその症状を起こしやすく、
悪化させてしまう危険性もあります。

 

 

また1日3回、毎日飲まなくてはいけない!というわけでもありません。

 

「外出するからトイレを気にしたくない」という場合や、
脂質の少ない食事をとった時などは控えてももちろんOKです。

 

飲むタイミング

 

ゼニカルは脂質をカットする薬になります。

 

そのため効果をしっかり発揮させるためには
胃が空っぽの食前に飲むよりも、
食中か食後に飲むのがベストです。

 

食事でとった油の吸収を妨げて
ダイエット効果をより高くしてくれます。

 

食後の場合は食事が消化・吸収される
1時間以内に服用するのが効果的です。

 

 

ゼニカルを飲まない方がいい人は?

 

他の医薬品を服用している人

 

例えば、血液の流れを良くし血管の詰まりを防ぐ
“ワーファリン”などの薬を飲んでいる人は、
避けた方がよい
とされています。

 

この他にも他の医薬品を飲んでいる人は
ゼニカルと併用していいかどうか医師に確認しましょう。

 

 

妊娠中・授乳中の人

 

栄養をしっかり摂取しなければならない
妊娠中や授乳中は避けましょう。

 

副作用で起こり得る下痢も、
妊娠中には胎児に関わる大きな問題となります。

 

 

正しい飲み方をしていても、
人によっては体に悪影響を与えてしまう場合がありますから
注意が必要です。

 

>>ゼニカル 通販へもどる