MENU

注意!ゼニカルを飲む前に知っておきたい副作用

 

ダイエットサポートとして
愛用する人が多いのが“ゼニカル”です。

 

ただ、ゼニカルはドラッグストアなんかによくある
サプリメントではありません。

 

医薬品の一つです。

 

その分効き目も強く、
副作用にも十分注意する必要があります。

 

どんな副作用が起きやすいのか、
服用する前によく把握しておきましょう!

 

 

ゼニカルの副作用

 

下痢・軟便

 

「ゼニカルを飲んでから便が柔らかくなった」
という声は非常に多いです。

 

「もともと軟便気味…。」
という人は下痢になってしまう可能性があります。

 

 

におい

 

ゼニカルを飲むと、
カットされた脂質が便と一緒に出てきます。

 

脂質自体は食事に使われていた油ですから
匂いはありません。

 

ただ薬独特の匂いが
便や油についてしまうこともあるようです。

 

 

ビタミン不足

 

ビタミンA、E、K、Dなどは
油と一緒にとると吸収率が上がる性質があります。

 

ゼニカルにはその油をカットしてしまう作用がありますから、
普段摂取しているビタミン量が
減ってしまう可能性が考えられます。

 

 

便秘

 

カットされた脂質は便意がない時も出てしまうことがあり、
下着を汚してしまう場合もあります。

 

そのような油や軟便を我慢する癖がついてしまい、
帰って便秘になってしまっという声も…。

 

こういった副作用はまれですが、
下着を常に気にしなければならない
というデメリットを感じている人は多いようです。

 

 

ゼニカルで肝臓や腎臓の障害も…!?

 

ゼニカルの副作用で重度のものになると、
肝臓や腎臓の病気に繋がることもあります。

 

肝臓の病気では主に皮膚の変色や痒み、倦怠感、
腎臓の病気では主にむくみや尿の減少、血尿などが見られます。

 

用法・用量を守っていれば発症することはまれですが、
副作用が報告されていることは事実です。

 

もともとこれらの機能が弱く異常がある場合は特に
服用には十分な注意が必要と言えます。

 

>>ゼニカル 通販へもどる